清掃 環境衛生 衛生管理 設備管理 株式会社ビークルーエッセ | 東京都 / 大阪府 / 広島県 / 山口県
〒745-0861 山口県周南市新地3丁目5-18
=0834-31-4110 W0834-31-4681
QUALITY IMPROVEMENT

品質向上への取り組み

私たちの商品には「カタチ」というものがありません。総合ビルメンテナンスにおける様々な活動そのものが私たちの商品であり、その品質が価値となります。お客様に感動していただけるサービスと品質を提供する為、そして心地よい明日の空間を創造する為、専門知識の習得、専門技術の向上、安心・信頼の獲得、安全意識の徹底、お客様の満足度向上を目指し、日々、その実現に向けて取り組んでいます。

教育システム

社内研修

社員、スタッフ教育は採用時のマナー教育、実務教育に始まり、さらに継続した現場OJT教育、清掃従事者研修とつながってつながってつながっています。一人一人がお客様へ元気で明るい挨拶、笑顔のサービスを提供し、最高の満足と感動を生む陰には、こうした入社以来の継続した階層別の教育システムがあります。これからもビークル―エッセはお客様からの安心・信頼を集める企業として研修・教育に力を注いでいきます。

B:CREWインスペクション システム

お客様が求められる品質にお応えするだけでなく、ハイレベルな品質を提供する為のシステム。それがB:CREWインスペクション システムです。専門資格を有した社内評価員(インスペクター)が計画に基づき、自分達の実施した作業を定期的に点検、評価します。問題点がある場合は原因を分析し、改善をして再点検、再評価を実施します。PDCA のサイクルをまわすことにより、継続的に品質の向上に努めます。

ビルクリーニング競技会

ビークルーエッセではキャストの技術レベル・現場品質レベルの向上を目指して毎年社内ビルクリーニング競技会を実施しています。ビルクリーニング競技会は春に個人戦、秋に団体戦という形で年2回開催され、過去、社内競技会の歴代優勝者は、全国ビルメンテナンス協会主催のビルクリーニング技能競技会中国大会、全国大会へも出場して輝かしい成績を収めています。キャストのハイレベルな技術はこうした取り組みから生まれているのです。

社内ビルクリーニング競技会

全国ビルクリーニング競技会

2001年
  • 第7回ビルクリーニング技能競技中国大会(山口予選会)
    内山ユリ(優勝)/増野慶彦(2位)/山本浩之(3位)
2002年
  • 第7回ビルクリーニング技能競技中国大会出場
    内山ユリ(優勝)/増野慶彦/山本浩之
2003年
  • 第8回全国ビルクリーニング技能競技会出場
    内山ユリ
2004年
  • 第8回ビルクリーニング技能競技中国大会(山口予選会)
    高山大介(優勝)/新川義弘(2位)
  • 第8回ビルクリーニング技能競技中国大会出場
    高山大介(優勝)/新川義弘
2005年
  • 第9回全国ビルクリーニング技能競技会出場
    高山大介
2006年
  • 第9回ビルクリーニング技能競技中国大会(山口予選会)
    村中良(優勝)/江島哲治(3位)/玉井敏博(4位)
  • 第9回ビルクリーニング技能競技中国大会出場
    江島哲治(3位)/玉井敏博/村中良
2008年
  • 第10回ビルクリーニング技能競技中国大会(山口予選会)
    吉岡貴文(優勝)/江島哲治(4位)
  • 第10回ビルクリーニング技能競技中国大会出場
    吉岡貴文(優勝)
2009年
  • 第11回全国ビルクリーニング技能競技会出場
    吉岡貴文
2011年
  • 第11回ビルクリーニング技能競技中国大会(山口予選会)
    奈良崎旭(優勝)/藤井敏行(3位)/玉井敏博(4位)
  • 第11回ビルクリーニング技能競技中国大会出場
    奈良崎旭(3位)/藤井敏行
2012年
  • 第12回ビルクリーニング技能競技中国大会(山口予選会)
    橋本大介(優勝)/藤井慎一(4位)
2013年
  • 第12回ビルクリーニング技能競技中国大会出場
    橋本大介(優勝)
  • 第13回全国ビルクリーニング技能競技会出場
    橋本大介
2015年
  • 第13回ビルクリーニング技能競技中国大会(山口予選会)
    奈良崎旭(優勝)
  • 第13回ビルクリーニング技能競技中国大会出場
    奈良崎旭
2017年
  • 第14回ビルクリーニング技能競技山口県大会
    藤井豊(3位)
  • 第14回ビルクリーニング技能競技中国大会出場
    藤井豊