大切にしていること

サステナビリティ基本方針と重点課題

ビークルーエッセ/サステナビリティ基本方針

私たちは
持続可能な社会の実現のために
どのような貢献ができるのか
お客様、お取引先様、社員とともに
自らに問い続け
努力と挑戦を続けていきます。

SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択され、2030年までによりよい世界を目指すための国際目標です。
その取り組むべき課題は多岐にわたり、
・地球温暖化 ・資源消費 ・海洋汚染 ・居住空間の確保と整備 ・ジェンダー、貧富による格差や差別
などの解消を求めています。

持続可能な社会に向けた4つの重点課題

活動事例のご紹介“「冠リコーの森」に関する協定を締結”

2022年6月23日(木)光市役所にて山口県光市、リコージャパン株式会社様、株式会社リコー様、株式会社ビークルーエッセは共同で、冠山総合公園を中心に「ふるさと光の豊かな自然との共生を目指す里づくり」を目指した「冠山総合公園協働活動事業(対象森林の愛称「冠(かんむ)リコーの森」)に関する協定」を締結しました。
この協同活動事業は、リコーグループ様の生物多様な里山の回復と人々が暮らすコミュニティの活性化推進を目的とした「ステークホルダー協働による森づくり」活動の一環で、全国6例目、中四国では初となる取組です。

「冠リコーの森」は以下を目指す姿として森林保全(整理伐、下刈りなど)、環境美化活動を行ってまいります。

コンセプト ~ふるさと光の豊かな自然との共生を目指す里づくり~

● 豊かな自然に触れる
● 多様な方々とのコミュニケーション
● 故郷(ふるさと)の自然環境保護の育成拠点

冠山総合公園は、梅を中心に四季を通じて花木が楽しめる総合公園で、今年で開園20年を迎えます。当社は2012年より指定管理者として管理運営を行なっております。

© 2020 B: CREW ESSE